[お知らせ]会員登録で今すぐ使える500ポイントプレゼント!
電話番号 0120-041-106(受付時間 10:00~18:00 休日:水・日・祭日)

とろサーモンの喜速久





利尻島 天然鮑(あわび)

北海道利尻島の天然鮑(あわび)は、蝦夷あわび(エゾアワビ)と呼ばれます。蝦夷あわびの漁は1年でわずか3ヶ月間、毎年10~12月に行われます。

この時期日本海はシケのため大荒れになる日が多く、漁に出られる日は数えるほどしかありません。
そして資源保護の観点からも年間の水揚げ数量が厳しく制限されている為ほとんど一般には出回りません。

昆布の中でも最高級と称される利尻昆布、利尻島で育つ本場の利尻昆布を食べて育つ蝦夷あわびもまた高級鮨屋や料亭などのみしか扱いません。

また日本最北の利尻、礼文島は水温が低く海が荒れるため、成長に長い年月がかかります。
あわびは日本国内でも全国的に生息しますが本州のあわびが型が大きいのに対して、北海道のあわびは身が小さいのが特徴です。

本州産や北海道内でも道南ものと比べて利尻島の蝦夷あわびは身が締まり、旨さが凝縮した鮑(あわび)が育ちます。
北海道内でも道南ものとは異なり、北の利尻島産の天然の鮑(あわび)は肉厚で身のしまりがよくコリコリっと歯ごたえと潮の香り、東京築地や札幌の市場などでも、最高ランクの値段がつく高級品です。

とれたて日本最北の天然蝦夷あわびを活きたままお届けします!天然鮑味、肝の旨みをご堪能ください。
蝦夷あわび



検索条件の商品がありません
0〜0件(全0件)
TOP
Copyrights(C) とろサーモンの喜速久 All Rights Reserved.